AtCoder, 二分探索, 累積和

問題方針累積和と二分探索

机 \( A \) の本を \( i \) 冊読んだとき、机 \( B \) の本を最大でいくつ読むことができるかを考えます。机 \( A \) の本を \( i \) 冊読むのにかかる時間は、累積和で求めるこ ...

AtCoder, 全探索

問題方針

愚直に全探索します。探索範囲は、\( \) で十分です。

コード

 

AtCoder, 二分探索, 数学

問題方針

任意の素数 \( p\) について \( N \bmod p^m = 0\) となるような最大の正の整数 \( m \) が求められたとします。この素数 \( p\) に関して、操作回数を最大化するには、\( c = 1, 2 ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索

問題方針

幅優先探索で迷路を解くような感じで考えます。始点 \( 1 \) から幅優先探索を行い、到達した部屋の道しるべは、直前に来た部屋となります。隣接リストを作成し、到達した部屋のフラグを管理することで探索を行います。

コード ...

AtCoder, ビット全探索

問題方針

各本に対して読む読まないの \( 2 \) 通りが考えられるので、ビット全探索を行います。

コード

 

AtCoder, 全探索, 深さ優先探索

問題方針

全ての数列のパターンに対して得点を求めます。どのように数列を生成するかですが、深さ優先探索を行います。条件を満たす数列が \( i \) 番目まで決まっているとき、\( A_{i + 1} \) の値は、\( A_{i} \l ...

AtCoder, 文字列, 深さ優先探索

問題方針

深さ優先探索を使うらしい。

コード感想

こういう問題は解法を暗記するのが良い。

AtCoder, 二分探索, 尺取り法

問題方針

\( A_i = 0 \) となる個数を \(N_0 \) とし、\( A_i < 0 \) となる数列を新たに \( B \) とし、\( A_i > 0 \) となる数列を新たに \( C \) とします。この ...

AtCoder, セグメント木, 二分探索, 整列

問題方針

モンスターの順序は問題に影響を与えないので、モンスターの座標について昇順に並び替えて考えます。

最適な攻撃方法

最適な攻撃方法は、モンスターの先頭から爆弾を使っていくやり方です。爆弾の位置は、爆弾の範囲の最も左を今注 ...

AOJ, 二分探索, 実装, 探索

問題方針

時刻の変換と同じように、いったん最小単位に変換してから計算を行います。西暦からマヤ歴への変換は、2012年12月21日からどれだけの日数が経過したかどうかを計算します。このときうるう日に気を付けます。マヤ歴から西暦への変換は、 ...