実装系の問題に関するカテゴリーです。

AtCoder, 実装

問題方針

\( i \) 番目の問題を正解したかどうかという情報と \( i \) 番目の問題を初めて正解するまでに “WA” となった個数を数えれば良いです。これは、配列で管理することができます。

コード ...

AtCoder, 実装

問題方針

順列の生成を行えば良いので、next_permutuation を使います。

コード

 

AOJ, 実装, 探索, 深さ優先探索

問題方針

パズルは最大でも \( 8 \) 回の操作で解くことができるので、\( 4^7 \) 通りのパターンを調べれば良いです。したがって、深さ優先探索を行い、実際にシミュレーションを行います。

コード

 

AOJ, 実装

問題方針

コースターの画像のピクセルの添え字は、\( i \) 行 \( j \) 列を表していて、\( 0 \leq i \leq N – 1 \wedge 0 \leq j \leq N – 1 \) として ...

AOJ, 実装, 文字列

問題方針

制約が緩いので愚直に文字列を走査していきます。

古い看板から作ることができる看板の例を考えます。例えば、お店の名前の文字列の長さが \( 3 \) であり、古い看板の文字列の長さが \( 7 \) のとき、文字列の ...

AtCoder, 実装

問題方針シミュレーション

数列 \( H \) の先頭から実際にシミュレーションをしていきます。現在の最大の移動回数と現在の移動回数を保持しながら探索をします。

コード

 

AtCoder, 実装

問題方針

あるマス \( i \) について、\( H_{i – 1} > H_{i} \) ならば、単調非減少とはなりません。\( H_{i-1} = H_{i} \) ならば、何もせず、\( H_{i – ...

Codeforces, 実装, 整列

問題方針

柱を \( a_1 < a_2 < \cdots < a_n \) のように並び替えることができるかという問題です。どのようにして整列させるかというと、\( a \) を昇順に整列させた配列を \( b \) ...

AtCoder, 実装

問題方針最後の箱から調べる

後ろの箱からボールを入れることを考えると、その箱以降の倍数の個数は変化しないことが分かります。

例えば、\( i < \dfrac{N}{2} \) を満たす \( i \) の倍数は、\( ...

Codeforces, 実装

問題方針題意

文字列 \( s \) に \( p\) に含まれる文字の数だけ任意の場所に挿入して、文字列 \(t\) を作ることができるか調べます。

文字が現れる頻度を計算する

各文字列についてどの文字の頻度を計算します。も ...