AtCoder, 区間系, 実装

問題方針

ある区間の集合を \( S \) として、\( i \) 番目の区間を \( S_i = \) とします。このとき、高橋君の点を \( T(S) \) とし、青木君の点数を \( A(S) \) とします。また、

AtCoder, Union Find

問題方針

連結されている頂点の集合は、任意の頂点 \( 2 \) 組に対して操作を行うことができます。これは、隣接している頂点を適切に選ぶことで達成できます。したがって、ある連結されている頂点の集合の \( a_i \) と \( b_ ...

AtCoder, 全探索, 数学

問題方針

指数の発散は早いので、\( A, B \) を全探索します。また、オーバーフローに注意します。

コード

Codeforces, 数学

問題方針

\( n = 2m \) とします。人の分け方は、

\

通りあり、\( m \) 人の順列は円順列となるので答えは

\

となります。

コード感想

問題の意味が分かりませ ...

AtCoder, 文字列, 貪欲法

問題方針

\( S \) が ‘a’ だけの文字からなるとき、’atcoder’ \( < S\) とあることはありません。また、’atcoder’ R ...

AtCoder, 数え上げ

問題方針

\( A_1 \neq 0 \) のとき場合の数は \( 0 \) となります。ここで、\( d_i(j) \) を \( i \) 番目までの人を調べ終えた時、同じ帽子が \( j \) 個であるパターン数とします。初期値は ...

Codeforces, 文字列

問題方針

どちらの操作も \( S \) の先頭または末尾の文字を含む部分列を選ぶことができないので、\( S \) の末尾が中心となるような回文を作ることを考えます。

まず初めに、”L 2″ という ...

Codeforces, 実装

問題方針

どのような状態だと ‘S’ から ‘F’ に行くことができないかを考えます。マス \( (i, j) \) の数字を \( c(i, j) \) とします。ただし、\( c(1, ...

Codeforces, 数学

問題方針

排他的論理和は \( 1 \oplus 1 = 0 \)、\( 0 \oplus 1 = 1 \) となるので、\( a, b \) の \( i \) ビット目がを \( a_i, b_i \) とすると、\( a_i = ...

AtCoder, bitDP, グラフ理論

問題方針

いわゆる巡回セールスマン問題というやつです。

\( g(i, j)\) を都市 \( i \) から都市 \( j \) に移動するときのコストとします。\( d(i, j) \) を訪れた都市の状態 \( i \ ...