幅優先探索に関するカテゴリーです。

AtCoder, 幅優先探索

問題方針

文字列 ‘a’ のマスのリストを \( a \) とし、マス ‘S’ からマス \( p \) の最短距離を \( d(p) \) とします。探索は迷路で使われるような幅優先探索 ...

AtCoder, Union Find, 幅優先探索

問題方針Union-Find

グラフが連結かどうかを調べるには Union-Find を使えば良いので、ライブラリの dsu を使います。グループの数から \( 1 \) を引いた値が必要な道路の本数です。グループの数は、groups( ...

AtCoder, Union Find, 幅優先探索

問題方針

友達同士のグループの人数の最大値の分だけグループがあれば、「同じグループの中に友達がいない」という状況がつくれます。したがって、連結成分の最大値を求めます。これは、幅優先探索や Union-Find を使うことで求めることがで ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索

問題方針領域の作成

徒歩で行くことができるマスをグループ化し、IDを振ります。マス \( (i, j) \) の ID が \( 0\) であることを \( G(i, j) = 0 \) と表し、そのマスから徒歩でいけるマスの ID は ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索

問題方針

幅優先探索で迷路を解くような感じで考えます。始点 \( 1 \) から幅優先探索を行い、到達した部屋の道しるべは、直前に来た部屋となります。隣接リストを作成し、到達した部屋のフラグを管理することで探索を行います。

コード ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索, 探索

問題方針

良くある迷路の探索のアルゴリズムを使って、全探索を行います。ここでは、全ての道となっているマスから幅優先探索を行い、到達可能なマスの最短距離を求めます。

コード

 

AOJ, グラフ理論, 幅優先探索, 探索

問題方針

各生徒をノードに見立てて、隣接リストを構築します。生徒 \( i \) が所属している部活動を \( g_i \) とし、所属が未確定のときを \( g_i = 0 \) とします。生徒 \( a, b \) が同じ部活動に所 ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索, 探索

問題方針

必要な色の数は、頂点の最大次数となるので、任意の頂点から幅優先探索を行い、色を振り分けていきます。辺の色を順番に出力する必要があるので、マップを使って管理します。また、色を分けるときに使用できない色を管理するためにセットを使い ...

AtCoder, グラフ理論, 幅優先探索, 探索

問題方針

座標間の距離が与えられるので、相対的な位置が分かります。したがって、ある座標の値を \( x_i = 0 \) として、\( M \) 個の情報に誤りがあるかどうかを調べます。

グラフ

各座標をグラフの頂点として、\ ...

AtCoder, 幅優先探索, 探索

問題方針幅優先探索

頂点 \( 1 \) から幅優先探索を行って全ての頂点のカウンターの値を計算します。そのために、頂点 \( i \) が最初のカウンターの値をあらかじめ計算します。最初のカウンターの値とは、ある頂点 \( u \) ...