累積和に関するカテゴリーです。

AtCoder, 全探索, 累積和

問題方針

長方形の和は二次元の累積和を使うことで高速に求めることができるので、全ての長方形のパターンを計算し、\( i \) 個のたこ焼きを焼くときの最大値 \( d(i) \) を求めます。\( d(j) > d(i) \ (j ...

AtCoder, 動的計画法, 累積和, 遅延評価セグメント木

問題方針遅延評価セグメント木

動的計画法のようなことを遅延セグメント木を使って行います。\( v_i \) をマス \( i \) まで行く方法の個数とします。初期値は \( v_1 = 1 \) です。区間 \( \) から整数を選 ...

yukicoder, 数え上げ, 数学, 累積和

問題方針

\ であることを利用して、

\

となります。ここで、

\

について考えます。自然数 \( k \) を用いて、\( A_i \) が

\

を満たすとき、

yukicoder, 数え上げ, 数学, 累積和

問題方針

全ての手札の組み合わせは \( {}_{NM} \mathrm{ C }_{K} \) 通りありますが、確率を比較するうえでは必要ありません。フラッシュの総数は、同一のソートから \( {}_{N} \mathrm{ C }_ ...

AtCoder, 累積和

問題方針

与えられた式は、

\

となるので、\( B_i = A_1 + A_2 + \cdots + A_i \) とすると、

\

となります。よって、あらかじめ累積和を計算してから求め ...

AtCoder, 全探索, 累積和

問題方針

条件を満たす石の並びは、先頭から \( i  (0 \leq i \leq N)\) 個目までが赤石で、以降は白石です。\( i = 0 \) のときは全てが赤石で、\( i = N \) のときは全てが白石です。したがって、 ...

AtCoder, 数え上げ, 累積和

問題方針

配列の添え字を \( i, j (i < j) \) とすると、

\begin{eqnarray}
j – i &=& A_i + A_j \\
i + A_i & ...

AtCoder, 動的計画法, 累積和

問題方針

大まかな方針は、下の問題と同じです。

\( P = 2 \) または \( P = 5 \) のとき

\( S = s_N s_{N-1} \cdots s_1 \) とします。

このとき、\( s_i ...

AtCoder, 動的計画法, 累積和

問題方針

\( 12114 \) は \( 12114 = 2019 \times 6 \) なので \( 2019 \) の倍数です。次に、\( 1211472\) という文字列を考えると、\( 12114 \) という文字列があるの ...

AtCoder, 二分探索, 累積和

問題方針累積和と二分探索

机 \( A \) の本を \( i \) 冊読んだとき、机 \( B \) の本を最大でいくつ読むことができるかを考えます。机 \( A \) の本を \( i \) 冊読むのにかかる時間は、累積和で求めるこ ...