二分探索を使う問題のカテゴリーです。

AtCoder, 二分探索, 探索

問題方針最適な食べ物の配置

証明ができなかったので、予想を立てて考えます。おそらく、修行前の最適なコストは、次のようになります。配列 \( A, F\) を

\

\

と整列させます。このときのコストを ...

AtCoder, 二分探索, 探索

問題方針

全てのパターンについて調べると計算量が \( O(N^3) \) となるので間に合いません。なので、\( 2 \) 本を固定して考えます。

二分探索

\( a \leq b \leq c \) として、\( b, c ...

AtCoder, 二分探索, 探索

問題方針シミュレーション

\( t \) に含まれる文字が \( s \) に存在しなければ、条件を満たす整数は存在しません。そうではないとき、\( t \) の \( i \) 文字目 \( t_i \) について、\( s̵ ...

AtCoder, 二分探索, 動的計画法, 探索

問題方針広義単調減少部分列

\( A_1 \geq A_2 \geq \cdots \geq A_i \) となるような広義単調減少列に対して、\( i \) 個の色が必要であることが分かります。これは、連続しない部分列に対しても言える ...

AOJ, 二分探索, 動的計画法, 探索

問題方針

LIS: Longest Increasing Subsequence (最長部分増加列) という問題です。この問題では、狭義単調増加列の中で最も大きいものを求めます。

動的計画法 と 二分探索コード

&n

Codeforces, 二分探索, 探索, 数学

問題方針題意

数字 \( a (1 \leq a \leq 10^9)\) を当てるリアクティブ問題です。整数 \(x, y\) を質問として返ってくる答えは、

\( x \mod a \leq y \mod a\)
\( ...

AOJ, 二分探索, 半分全列挙, 探索

問題方針半分全列挙

ダーツは最大で \( 4 \) 本投げることができますが、そのすべての得点パターンを列挙することは厳しいと思います。なので、\( 2 \) 本投げた時に得られる \( M \) 以下の得点のパターンをすべて列挙します ...

AtCoder, 二分探索, 探索

問題方針二分探索

整列された配列に対してある値より大きいまたは小さいものの個数を求めるには、二分探索を使って求めることができます。C++ には “lower_bound” と “upper_bound ...