ビット全探索に関するカテゴリーです。

AtCoder, ビット全探索, 二分探索, 半分全列挙

問題方針

\( n = \min(20, N) \) として、問題を \( n \) と \( N – n \) 個に分けて考えます。前半の問題の集合を \( A \) とし、後半を \( B \) とします。\( A \) ...

AtCoder, ビット全探索

問題方針

問題を解く順番は関係ないので、コンプリートする問題を全探索します。これは、ビット全探索で解くことはできます。コンプリートした問題の集合を \( 2 \) 進数で表し、点数が \( G \) 未満ならば、コンプリートしていない問 ...

AtCoder, ビット全探索

問題方針

各行と各列に対して、色を塗るかどうかを考えればよいので、ビット全探索を行います。

コード

 

AtCoder, ビット全探索

問題方針

各本に対して読む読まないの \( 2 \) 通りが考えられるので、ビット全探索を行います。

コード

 

AOJ, ビット全探索, 探索, 数え上げ

問題方針

参加するメンバーの組み合わせは \( 2^{N} – 1\) 通りあるので、ビット全探索を行います。周期が同じメンバーが増えても必ず同じ公演に参加することになるので、参加するメンバーの組み合わせが増えることはありま ...

AtCoder, ビット全探索, 探索

問題方針ビット全探索

ある人は正直者か不親切な人かの \( 2 \) 通りなので、全体で \( 2^N \) のパターンがあります。なので、ビット全探索を行います。人 \( i \) が正直者としたとき、その証言が現在のビットの状態と同 ...

AtCoder, ビット全探索, 探索

問題方針ビット全探索

派閥の組み合わせはビット列で表現できるので、ビット全探索を用いて最大の派閥に属する議員数を求めます。派閥が成り立つときその派閥のグラフは完全グラフになっている必要があります。完全グラフかどうかの確認は、人間関係を隣 ...

AtCoder, ビット全探索, 実装, 探索

問題方針ビット全探索

制約を見ずにこの問題を解こうとすると、ドツボに嵌るかもしれません。スイッチの数と電球の数は最大でも \( 10 \) なので、全探索を考えます。スイッチの状態は on/off の \( 2 \) 通りなので、ビット ...

AtCoder, ビット全探索, 探索

問題方針ビット全探索

ある曜日のどの時間帯に店を営業するかどうかで利益が変わり、\( 5 \) つの曜日と午前・午後を考えれば良いので、\( 2^{10} \) 通りのビット全探索を行えば良いことが分かります。

店の営業情報は \ ...

AtCoder, ビット全探索, 動的計画法, 探索

問題方針ある高さの正しい横棒の配置

ある高さの横棒の配置のパターンを考えます。横棒は縦棒の間に置くことができるので、縦棒の本数 \( W \) が \( W = 1 \) のときは横棒を置くことができません。そうではないとき、縦棒の間に ...