AtCoder,数学

問題方針

\( 0 \) 以上の連続する \( n \) 個の整数の和は

\

となります。したがって、連続する自然数の和は、整数 \( n , m \ (0 \leq m < n) \) を用いて、 ...

AtCoder,ビット全探索

問題方針

人 \( i \) は皿 \( C_i \) または \( D_i \) にボールを置くので、\( 2^K \) 通りのパターンが考えられます。したがって、ビット全探索を行います。

コード#include <bit ...

AtCoder,動的計画法

問題方針

変数の組 \( (x_0, \cdots, x_N) \) について以下の式が成り立ちます。

\

ここで、\( d(i, 0) \) を \( x_0 \ \mathrm{S_1} \ x_1 \cdo ...

AtCoder,平方分割

問題方針

\( x = A_i \) としたとき、\( i – 1\) 番目から先頭に向かって、\( A_i \leq A_j \) を連続的に満たす \( j \) の個数を \( a \) とします。また、\( i + ...

AtCoder,グラフ理論,動的計画法

問題方針

町 \( i \) で売ることができる金の価格の最小値を \( d_i \) とします。\( d_i \) は \( \infty \) で初期化します。町 \( 1 \) から順番に調べていき、町 \( i \) から行くこ ...

AtCoder,区間系,累積和

問題方針

プライムの加入が最適である期間は、期間内で利用するサービスの料金が \( C \) 円を超えるときです。なので、プライムに加入するかどうかを決める時点は \( a_i, b_i \) の値だけを考えれば良いです。

...

AtCoder,数学

問題方針

優勝する選手は一番レートが高いので、トーナメント表を前半の後半に分けたときにその選手がいる山の中から準優勝する選手は存在しません。したがって、山を分けたとき優勝する選手がいない山で一番レートが高い選手が準優勝することになります ...

AtCoder,数学,整列,貪欲法

問題方針

まず初めに演説を行わなかったときを考えます。青木君得票数は \( A_i \) の総和なので、その得票数を \( s_0 \) とすると、

\

となります。また、高橋君の得票数を \( t_0 \) と ...

AtCoder,文字列

問題方針

英小文字からなる文字列を \( t \) として、\( S_i = t \wedge S_j = !t\) を満たすような \( i, j \) が存在するとき \( t \) は不満な文字列となります。したがって、\( ! ...

AtCoder,数学

問題方針

王座の座席番号を \( 0 \) とします。移動した回数を \( x \) と置くと、\( x \) 回移動したときの座席の位置は \( (S + Kx) \bmod N \) となるので、

\

を求め ...