AtCoder,文字列,貪欲法

問題方針

\( T_i \) の先頭から貪欲に辞書順の最小の文字から構成できるかを調べます。これは文字の頻度を管理することで、高速に計算することができます。文字列 \( S \) の \( i \) 文字目から \( j \) 文字目ま ...

AtCoder,整列

問題方針

\( 1 \) から \( N \) まで順番に交換ソートしていくことを考えます。自然数 \( i \) がどの場所にいるかという配列を管理することで効率よくソートできます。

コード#include <bits/s ...

AtCoder,周期性,文字列

問題方針

\( N \geq 4 \) について考えます。\( S \) に \( T \) が含まれる場合、\( T \) は、

\

のどれかである必要があります。これらは、\( 110, 101, 011\) ...

AtCoder,数学

問題方針

結論からいうと、\( 2 \) から \( N \) までの最小公倍数を \( l \) とすると、\( l + 1 \) となります。以下では、このように考えつかなかった場合を考えます。

\( N! + 1 \) ...

AtCoder,グラフ理論,周期性

問題方針

\( k \) 回シミュレーションを行うことはできないので、シミュレーションを高速化の考えます。\( k \) が十分大きければ、探索の過程で同じ単語を調べることになるので、閉路が存在することになります。下記の問題がこの問題と ...

AtCoder,周期性

問題方針

参加者が出す手は周期性を持ち、最初に出す手は周期 \( n \) で変わります。ここで、\( T_0 = ss \) とします。ここで、\( f(t) \) を文字列 \( t \) を出す参加者で勝利した文字列とします。\( ...

AtCoder,二分探索

問題方針

\( n + 1 \) の長さの丸太を切断することを考えます。

\

を満たす最大の \( m \) を求めると、\( n + 1 – m \) 本の丸太を買えば良いです。

コード#in ...

AtCoder,数学

問題方針

廊下だけを使うか、廊下と階段を使うかの \( 2 \) 通りを考えます。階段を使う場合は、廊下を先に通り、残りは階段を使います。

コード#include <bits/stdc++.h>using namespace ...

AtCoder,分枝限定法,深さ優先探索

問題方針

整数計画法である 0-1 ナップサック問題を線形計画法で解くことを考えます。線形計画法では、重さ当たりの価値が大きいものから取っていけば良いです。ここで、荷物を重さ当たりの価値の降順になるように並び替えます。

深さ ...

AtCoder,ビット全探索,二分探索,分枝限定法,半分全列挙

問題方針半分全列挙

\( n = \min(20, N) \) として、問題を \( n \) と \( N – n \) 個に分けて考えます。前半の問題の集合を \( A \) とし、後半を \( B \) とします。\( ...