AtCoder,数学

問題方針

王座の座席番号を \( 0 \) とします。移動した回数を \( x \) と置くと、\( x \) 回移動したときの座席の位置は \( (S + Kx) \bmod N \) となるので、

\

を求め ...

AtCoder,二分探索,数え上げ

問題方針

\

上式において、\( i = k \vee j = k\) となる \( k \ (1 \leq k \leq N)\) は \(N – 1\) 回現れます。つまり、\( A_k \) と固定したとき ...

AtCoder,数学

問題方針

\( n \) 進数に変換したときに \( 7 \) が現れるかを見たいので、繰り返して剰余を計算すれば良いです。自然数 \(x \) を \( n \) 進数で表した時、各位の数字を \( a_i \) とすると、

AtCoder,数学

問題方針

数列 \( A_i \) の順序を変えても影響はないので、\( A_i \) を昇順に並び替えて考えます。\( k \) の最大値は、各マスの差の最小値なので、

\

となりますが、\( A_{1} \n ...

AtCoder,数え上げ

問題方針

鉄の棒を \( 12 \) 本に分割したとき、棒 \( i \) の長さを \( l_i \) とすると、

\

となります。ここで、\( a_i \) を非負整数として、\( a_i = l_i  ...

AtCoder,文字列,貪欲法

問題方針

\( T_i \) の先頭から貪欲に辞書順の最小の文字から構成できるかを調べます。これは文字の頻度を管理することで、高速に計算することができます。文字列 \( S \) の \( i \) 文字目から \( j \) 文字目ま ...

AtCoder,整列

問題方針

\( 1 \) から \( N \) まで順番に交換ソートしていくことを考えます。自然数 \( i \) がどの場所にいるかという配列を管理することで効率よくソートできます。

コード#include <bits/s ...

AtCoder,周期性,文字列

問題方針

\( N \geq 4 \) について考えます。\( S \) に \( T \) が含まれる場合、\( T \) は、

\

のどれかである必要があります。これらは、\( 110, 101, 011\) ...

AtCoder,数学

問題方針

結論からいうと、\( 2 \) から \( N \) までの最小公倍数を \( l \) とすると、\( l + 1 \) となります。以下では、このように考えつかなかった場合を考えます。

\( N! + 1 \) ...

AtCoder,グラフ理論,周期性

問題方針

\( k \) 回シミュレーションを行うことはできないので、シミュレーションを高速化の考えます。\( k \) が十分大きければ、探索の過程で同じ単語を調べることになるので、閉路が存在することになります。下記の問題がこの問題と ...