Codeforces,数学,整列

問題方針

\( n \) 個の整数 \( a \) が与えられ、

\

の最大値を答えます。添え字に制約がありますが、この問題は \( a \) から任意に \( 5 \) 個の整数を選ぶことができます。したがって ...

Codeforces,数学

問題方針

剰余の単調増加性を利用して解きます。自然数 \( x, y \) を用いて \( x \bmod y \) と \( y \bmod x \) を考えます。また、\( x \neq y \) とします。

\ ...

Codeforces,全探索,数学

問題方針

配列 \( a \) を入れ替えて得られる配列を \( b \) とします。ここで、\( g(a, b) \) を \( a, b \) の最大公約数とします。次に配列 \( c \) の \( i \) 番目の要素を ...

Codeforces,実装

問題方針

配列 \( a \) から並びを変えずに \( \dfrac{n}{2} \) 個以上要素を選んだ配列を \( b \) としたとき、\( b \) が \( b \) の奇数番目の和と偶数番目の和が等しくなるようにします。

Codeforces,数学,貪欲法

問題方針

イメージとしては下位の桁の数字を \( 0 \) にしていくためのコストから計算していきます。

自然数 \( n \) の桁和を \( f(n) \) とします。自然数 \( n, s \) が与えられたとき、

Codeforces,全探索,数学

問題方針

数列 \( a_n \) は等差数列なので、初項を \( a \)、公差を \( d \) とすると、\( a_n = a_1 + (n – 1)d\) となります。したがって、\( i < j \) とし、 ...

Codeforces,数学

問題方針

自然数 \( t, u \ (t \leq u)\) とし、\( f(t, u) = tu \) を考えます。

\

が成り立つので、\( t \) を減少させた方が \( f(t, u) \) が小さく ...

Codeforces,文字列

問題方針

k-balanced な文字列は次の条件を満たします。\( s_i = 0 \) のとき、\(a_i = -1 \) とし、\(s_i = 1 \) のとき、\(a_i = 1 \) とすると、

\begin{eq ...

Codeforces,貪欲法

問題方針

\( i < j \) のとき、\( a_i \leftarrow a_i – 1 \)、\( a_j \leftarrow a_j + 1\) という操作は \( 0 \) コストでできますが、\( i & ...

Codeforces,実装

問題方針

順列 \( p \) と異なる順列 \( p^{\prime} \) が \( F(p) = F(p^{\prime}) \) となるような \( p^{\prime} \) を見つけます。

\( F(p) \) ...